【 香織27歳 老人との淫らな性愛  月夜桃花 】





  最終話

 香織は着ていたセーターを脱ぐと全裸になった。「はぁ、はぁ…….お願い..挿れてっ……おじいちゃんのちんぽ……あそこに挿れたいの…」

 作蔵は香織の秘肉を愛撫しながら首を縦に振った。

「しょーがない…….香織の涎だらけのおまんこにぶちこんでやるかのぅ……..」

「あぁぁぁ……挿れるわよ…あぁ…..もういいでしょ…..あぁぁっ..もう我慢できないっ!!..」

 香織はそう言うと体の向きを変えて自分の濡れきってパックリと割れた熱い花弁に作蔵をあてがうと腰を降ろしおびただしい愛液を流している蜜穴への挿入を図った。

 作蔵の巨大な亀頭は香織の小さめで可愛らしい膣穴を限界まで押し広げていった。

 狭き穴を押し広げられるような、きりきりとした快感を伴った苦痛が香織の脳裏に走った。

 今まで受け容れたことの無いその男根の大きさに挿入するのに苦労していた香織だったが次第に香織の花弁から溢れている愛液が潤滑となってゆっくりと挿入されていった。

「くっ、くぅぅぅぅぅぅ….お...大きい….ああああああっ…香織に挿っていく…はぅぅぅぅっ」

 作蔵の肉棒は香織の狭い膣壁を擦りあげながら深く侵入していった。

「香織………..どうじゃじじいのちんぽは………..…気持ちええか…?」

「はぁぁぁ……ああっ…..ああっ….す..すごく….大きくて…あぁぁぁ…気持ちいいです…」

「そうじゃろ….香織のおまんこもなかなか締まりがあってええぞい………」

「香織や…….そら…もっと腰を使わんかい….…」

 香織は作蔵に促されて腰を使いはじめた。円を描くように香織は腰を動かした作蔵の張り出したえらが香織の肉壁を抉りだすかのように刺激していた。

「ひっ…ひぃぃ….あぁぁぁぁっ…うぁぁぁぁんんんんんん」

 自ら刺激を求めた香織の口からは狂おしい歓喜の叫びがあがっていた。

「お….おじいちゃぁぁぁん…あはっ…はあああああああっ」

「あぁぁぁぁぁぁぁ……はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…..ああだめ…..もう私….だめっ」

 作蔵の愛撫により感じやすい身体へと変化を遂げた香織はすぐに絶頂へと昇りつめた。

「い…….いくぅぅぅぅぅぅっ……………..あはぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

「いくぅぅ、あああああああああああああああっ….またいっちゃうううううううう…..」

「あああああああああああああああああああっ」陶酔した顔をした香織は作蔵の胸になだれこんだ。

 余韻に大きさにビクビクッと体を痙攣させ大きく肩で息をしている香織に作蔵が尋ねた。

「気持ち良かったか…….香織…?…さぁわしも気持ち良くしてくれ…….」

 香織は頷くとまだ硬くなったままの作蔵の一物をもういちど熱をもって
パックリと口をあけたように広がっている自分の淫裂にあてがいゆっくりと挿入した。

 香織はゆっくりと上下に腰をうごかしはじめた。作蔵の亀頭が香織の子宮を擦り、腰を動かすたびに肉壁が引きずられる感覚と内蔵を掻き出される感触が交互に香織を刺激していた。

「あぅ…あぅ…はぁ…あぅ..あっ…はぅ….」

 貫かれるごとに香織からあえぎ声が漏れた。

「あっ…はぁぁ…うっ…あっ…あっ….あっ…あっ…あっ…..」

「いっ..いいっ..はぁ…ああっ…あっ..あっ..あぁぁっ……..」

 次第に香織の上下する腰の動きは激しさを増していった。

「いいっ…いいっ…ああっ…いいっっ….」

 香織は自然と自分の胸を両手で揉みしごいていた。夫の前でもこんな痴態はだしたことはなかった香織だったが女の本能を剥きだしで快感を貪っていた。

「あぁぁぁっ…いいっ…感じるっ…あぁぁぁっ…」

 香織の淫肉からとめどなく溢れている熱い愛液は作蔵の股座まで濡らしていた。

 香織の悦びに震える声と香織の蜜壷から聞こえてくる淫靡な音が部屋中に響いていた。

 作蔵は忘れかけていた放出したいという体の欲求が次第に沸きあがってきているのを感じた。

「おぉぉぉっ…….香..香織..おぉっ…ええぞっ….気持ちいいぞっ…..」

「ああっ…..お…お.じ..い….ちゃん…ああっ..香..香織…ま..またいっちゃいそう…」

「はぁはぁ……….わ..わしも………いきそうじゃ…….…」

「あっ…..あっ….お..じいちゃんも….いって…一緒に…いって….香織のなかに..だしてっ….」

「おぉぉっ……おぉぉぉぉっ、それっ…だ…だすぞっ……….うっ、うううっ」

 作蔵の熱い精液が迸ったの子宮に感じ香織は絶頂を迎えた。

「あああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁっ…………い……いく…...。」

 香織は崩れる様に作蔵に抱きつき、そのまましばらく動かなかった。

「香織、香織もう起きなさい……。」

 香織が目を覚ますとそこには作蔵の顔があった。

「香織が、失神しちゃうから大変じゃったんだ…..。」

「えっ」香織は自分が全裸になっていることに気がついた。

 熱くなっている股間に手をのばすと腫れぼったい自分の秘肉からは、作蔵の精液と自分の愛液がまざったものが流れ出していた。

 介護をしている老人との異常な性体験………。

(夢じゃなかったのね…….ふふふ..)

 香織は作蔵の股間に顔を近づけ再び、作蔵の顔のまえに自分の恥部を曝け出した。

「香織は、わしが死ぬまでおまんこ奉公してもらうから、いいなっ…..!!」

 作蔵は優しく目の前に広がった香織の膣口を愛撫しながらいった。

 今まで味わった事の無い淫らな淫欲の世界にすっかり魅せられ、本能のままに生きる性欲の獣になった香織がそこにあった。

「こちらこそ、よろしくね。おじいちゃん……。」

 目の前に横たわった作蔵の愛液にまみれた男根を咥えこみ、香織が答えた。



 完

         10 11


もどる